社長コメント

 近年、私たちを取り巻く環境は大きく変化しております。地球温暖化や石油等の資源枯渇、米国のサブプライムローン等の環境・経済の世界的な問題から影響を受け、国内においては、少子高齢化・総人口の減少に伴う医療・介護・経済等の環境の激変や、原材料の高騰に伴うコストの上昇等の問題が生活を直撃しています。

 このような大きな変革を伴う混迷の時代にあっては、技術力もさることながら、特殊条件に対する柔軟な対応力と、種々多岐に渡る業務の完遂力が必要であると考えます。

 わが社は、これまで地道な努力と研究の積み重ねにより、建築設計を中心とした種々多岐に渡るコンサルティング業務に対処して来ており、今後ともその技術力と堅実性により幅広く活動して行く所存でありますので、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 相磯 真

戻る